So-net無料ブログ作成
検索選択

相棒「ラストワーク」 [刑事もの]

 最初、あんまり好きなタイプの事件じゃねぇなぁ、と思いながら見てたんだが(犯罪に好きなタイプもないがw)、事件が明らかになって渡辺哲の大屋の人物像が見えてくると俄然、いい雰囲気に。
 特に、撮影のための準備をしているときの大屋と中鴨の様子が、大屋が中鴨に脅されている芝居とは正反対で仲も悪くなさそう、さらに、ベテランの渡辺と若い尾上の関係もオーバーラップしてきて、その感じは大変によい。
 あと、西山繭子の大屋の娘も、ワンシーンかと思ってたらちゃんと最後に救いが用意されていてよかった。
 良品。

タグ:相棒

BanG Dream!「作っちゃった!」 [アニメ]

 沙綾にはなんらかの挫折経験がある、ということだろうね。ライブの直前で。お母さん病気とか関係ありそう。
 その辺は持ち越し。つーか、今回は、文化祭への準備が始まった、ってくらいで、話が何も動いてない。

 変化はあるようだけどね。
 名前を決めたのは有咲で、たえと一緒に作業したらしいし。
 みんなの前でものが言えるようになってるりみ。ただ、発言の後に上げた手が、まぁまぁ抑えて、という手にも見えて、あらあら、って感じ。

タグ:BanG Dream!

ブシメシ!「魂のブシメシ!」 [時代劇]

 あれ、悪い奴を退治しないの。
 確かに、捕り物帖でも、勧善懲悪ものでもないけど、楽しかったりハートウォーミングだったりしてきたこのシリーズで、五郎衛門は殿の超法規的措置で切腹にはなりませんでした、というだけで終わり、というのは。しかも、どうやら反茂照派と思われた原田は黒幕ではないらしい。ほんとの悪人はいない、って世界なのかもしれないけど――と、ここまで考えて、違和感の原因が判明。磯部が何をしたかったのかわからないからだ。本当に脱藩するつもりだったのか、茂照を追い落とすための企みだったのか。五郎衛門が邪魔だったから、だけでは説明がつかない、というのは先週、書いた。
 いずれ、残尿感はあるよな。

 ラストの、伴四郎が すずをお松と間違える、というのでちょっと救われた(つか、ちょっとだけ笑えた)けど。
 残念。

タグ:ブシメシ!

幼女戦記「フィヨルドの攻防」 [アニメ]

 話は動いているが、戦争の部分だけなので、これはこれで退屈と言うか…。架空戦記ものが好きな人は楽しめるのかもしれないが。
 まだ、「ターニャとXの対決」の話なのか「魔導のある世界での戦争」の話なのかつかめていないせいだろうか。
 ターニャがなんのためらいもなく「神」という言葉を使うようになってる、とかいうのがポイントだったりする?

タグ:幼女戦記

リトルウィッチアカデミア「眠れる夢のスーシィ」 [アニメ]

 豪華な娯楽編。
『シン・ゴジラ』は出て来るわ、『君の名は。』は出て来るわw
 大騒ぎで潘めぐみ節炸裂だが、今回はスーシィの村瀬迪与もいろんな声を駆使して大活躍。
「夢落ち?」という安定のエンディングもよい。

 一番よかったのは映画かなー。しばらく見てるとアッコやロッテに見えて来るからすごい。

アイカツスターズ!「あこ、まっしぐら!」 [アイカツ!]

 あこが決心したとき(つばさのライブに出る、と言った時、それを翻したとき)なにがきっかけだったのかよくわからない、というのはあれだが、あるべき決着だと思うので(つか、このシリーズでその逆はねぇよな)一安心、という感じか。
 
 かなたにもフラグ。
 このシリーズの恋愛関係(かどうか知らんけど)は、男の方から始めるみたいね。
 残った望君は誰に行くのか。
 
 あこはどうやら、「特別な私だけのグリッター」なしでS4戦に臨むらしいが、さて。

キラキラ☆プリキュアアラモード「3人そろってレッツ・ラ・まぜまぜ!」 [プリキュア]

 最初、三人はそれなりに一生懸命にやってるのに(ドラマ的に)何が問題なんだろうと思ってたんだが、別々に頑張るのではない、例えば、誰かがまぜまぜしてたら別の人がボウルを押さえる、とかそういうことね。わかったときに、あぁそういうこと、と声に出してしまった。
 役割分担の否定になりかねないから、ちと難しかったかもね。

 長老の傘にはまんまと笑わされてしまった。

 肉弾戦封印ってことらしいんだが、その代わりであるらしい、ケーキ食材 (?) による攻撃が、きれいに見えないんだけど。
 クリームだ、と思って見てるせいか、あんなもの振り回したらベトベトに、って思っちゃうんだよなぁ。
 もうちょっと「光の使者」っぽい形式にならないものだろうか。

 今のところ、あおいちゃん推しだが、実はホイップの「できあがり」ポーズは好きだ。実に彼女らしくて可愛い
 ああいうポーズって誰が決めるんだろう。やっぱりアクション監督?

 次回、マカロンお姉さま登場らしいが、目のあたりの処理とか、島本和彦のマンガに出てきそうな感じがする。
 そもそもスイーツの戦隊は向こうの方が先だが。

キュウレンジャー「砂漠の星から来た男」 [スーパー戦隊]

 今まで書き忘れてた、好きなとこ。
 主題歌サビ部分の「キュウレーンジャー」ってコーラス
 名乗りで、くるっと円を描くとこ。

 ブラックさんやブルーさんを見て思ったんだけど、パワーアップ形態や追加戦士以外で、スーツにいろんなものがくっついてるのって史上初? しかも、それが FRP とかの硬質なやつじゃない、という。

 エンディング主題歌の、途中でテンポが変わるってのも前代未聞だと思うが。

「オッキュー」で喜んでる司令官w
 チャンプ さんがユニフォームを肩にかけてるのに今頃気づく。

 キュウレンオーの蛇の右手がかっこいい。

クラシカロイド「その名はモーツァルト」 [アニメ]

 俺も決してクラシックに詳しい方ではないからあれだけど、初めて知らない曲がフィーチャーされてた。

 今までのような明快なわかりやすさがなかったね。モツの二面性、モーツァルトの天才性はわかったけども…。

 坂上あゆみと星宮りんご、オーロラで構成されていた俺の能登麻美子観がどんどん更新されていく。

スクールガールストライカーズ「対決! 降神三姉妹」 [アニメ]

 学校と戦闘空間しか描かれてないからどういう世界感なのかはっきりわからんけども、「施設」って言葉を形式的に使ってないか。70 年代風、っていうかさ。

 登場人物が何十人もいるんだから、もうちょっと誰が誰かを理解する手助けが欲しい。かと言って、こないだの会議風景みたいなテロップを何度も出されてもあれなんだが。
 やっと冨岡美沙子の人を把握できた。