So-net無料ブログ作成
検索選択
ケータイ刑事 ブログトップ
前の10件 | -

ケータイ刑事 THE MOVIE3 DVD-BOX [ケータイ刑事]

 やっと見た。出てから入手するまで2週間、入手してから見るまで更に2週間。3時間長だと思うとなかなか腰が上がらない。
 結局、コメンタリーとメイキングだけを見た。
 コメンタリーでは、画面の左下にずっと本編が映ってるから、それ見ててその気になったら、と思ったんだが、その気にならなかった。やっぱりパワー不足だよなあ。
 美少女三人を堪能するのが主目的の映画である。

 皇帝陛下だったか、この三人が揃ってる、とか言って喜んでたが、だったらなぜ四人揃えないのか、と思う。タイミングの問題はあるんだろうけどね。大人になったケータイ刑事は出さない、というルールは尊重したいとも思うので、どうあっても、とは言わないけど。
「次」に関する言及がなかったのは寂しい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ケータイ刑事 銭形結 DVD-BOX [ケータイ刑事]

 どうやらタワレコで予約する場合は、一ケ月以上前でないとダメらしい。初回分が取れません、って言われたときにはビックリした。入荷も一週間遅れだったが、特典のストラップは入っていて一安心。

 普通、ケータイ刑事の BOX を一個全部見るにはがんばって 3 日かかる。ドラマ前半、ドラマ後半、メイキングという感じだが、それも、ほかに見るものがなければ、の話。半分といいながら、6 話見たら 3 時間かかるんだから。
 が、放送中にレビューで書いたとおり、そもそも 10 話しかないのに、半分以上がイベント回で、その中には再見する必要の感じられないものがある。結果、この BOX は二日で見終わった。

 メイキングのインタビューで、岡本杏理がケータイ刑事にあこがれていて一生懸命にやった、ということは伝わってきたが、残念ながらシリーズ全体としては薄味。見終わった後、岡本杏理濃度が物足りなくて、命の特典ディスクの「銭形命の休日」を見返したってくらい。

 サマーパーティの DVD のときに、皇帝陛下があまり出てきてない、というようなことを書いたが、今回はバンバン出ていた。

 ベストエピソードはどれだろう…。「銭形結の悪夢」かなあ、と思ってしまうのが寂しすぎる。「ワンカット」は、イベント回ではあるが、ストーリーとしてもまとまってた。
 最終回が、銭形愛最終回の骨格を借りているのは、面白い試みだと思う。ただそれが、「ケータイ刑事」も一段落なんだね、って感じを強くしてしまっているのがアレなんだが。

タグ:銭形結
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

銭形結 DVD-BOX [ケータイ刑事]

 ちょっと放送エピソードを確認しようと思って久しぶりにオフィシャルサイトに行ったら、DVD-BOX 発売の告知が載っていた。
 6/2、¥12,600-

 これの後にこないだの映画が出たら、ケータイ グッズは一段落か…。

タグ:銭形結
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

銭形結「さよなら、あさみさん!~あさみつひこ誘拐殺人事件」 [ケータイ刑事]

 ま、なんつーかね。
 前にもチラっと書いたけど、全部で 10 話しかなくて、かつ、半分がスペシャルっつーかイレギュラーなエピソード。これじゃ、銭形結がどういう人だかわかんないし、結とあさみの関係も把握できない。
 そんな状態で、「さよなら、あさみさん」とか言われても。
 芝居がちゃんとできる岡本杏理のためにももうちょっと長くやれなかったもんかと。

 話の構成はよかったと思う。
 実行犯を出さずに組み立てたあたりはさすがと言うか。

 宝積有香もたっぷり見られたし。

「銭形愛」のラストエピソードに似た形にしたり、ウラリだのオズマゴロシだのが登場したり。やっぱ、「ケータイ刑事」は一段落なのかね。

タグ:銭形結
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

銭形結「初恋は死の香り!~愛はかげろうのように殺人事件 解決編」 [ケータイ刑事]

 うーん、岡本杏理が「雲竜型」をやるとは。
 張りのある声も出るのね。

 あさみが逮捕されたとき、これ最終回までもっていくかもしれないな、ってチラっと思ったんだが、んなわけはなく。何もかもお芝居だ、ってことには、ピルケースが出てきた瞬間に気づいた。

 さて、来週の最終回。
 こないだの舞台挨拶で、岡本杏理がちょっと紹介していたんだが、「ケータイ刑事ウルトラ BOOK」を読んでたら、ラストカットと思しい写真が載ってて、ムックを放り投げそうになった。またネタバレしてるだろうから結のストーリー紹介は見ないようにしてたんだが、写真があろうとは。
 あいかわらず誤植あるな。

 冒頭のグラビアは、三人ともきっちりメイクしててなかなかドキドキする。

タグ:銭形結
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

『ケータイ刑事 THE MOVIE 3 モーニング娘。救出大作戦! パンドラの箱の秘密』 [ケータイ刑事]

 舞台挨拶は上映後。
 三人とも、実物はテレビ映画で見るよりずっと可愛いぞ。大政絢はそろそろ「きれい」の領域に入りつつあるが。岡本杏理は顔小さいし、岡本あずさのメヂカラは笑っていても発揮される。
 それに対する、トミマツのオヤジ風が対照的。
 至近距離なので双眼鏡は出しもしなかった。

 上映前、スクリーンの前でスタッフが立ち位置をチェックしていた。二人が向かい合っていて、一人は手を胸の辺りに上げていて、それはどう見ても何かをもらうポーズ。卒業証書だな、と思っていたが、一回目の上映ではやらなかった。残念。

 映画の方はどうかっつーと、俺はどうしても「ユイ」って呼び捨てにされる妹というと風間唯を連想してしまうので、「結」って言われるたびに軌道修正しなければならなかった。

 こっからネタバレ。初日なので、「続きを読む」に送る。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

銭形結「初恋は死の香り!~愛はかげろうのように殺人事件 捜査編」 [ケータイ刑事]

 再現のための人の移動を早送りにしてるのは、さほど大げさなことでもないが、なんだか面白かった。舞台で見るのとテレビで見るのとでは、やっぱり描かれ方は変わるべきってことかな。

 話が大して動いてないからコメントしづらい。

タグ:銭形結
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

「ケータイ刑事3」舞台挨拶参戦 [ケータイ刑事]

 こういう言い方をすると気を悪くする人がいるかもしれないが、最盛時の勢いを失っているとは言え、名の通った要素の組み合わせ。しかも、初日舞台挨拶が行われるのは、当たり前のことだが、一日だけ。チケットとれるわけねーじゃん、と思ってたので、三連休でもあるし、翌週に上京して見に行くつもりでいた。秋田で見られるかどうかわかんないし。
 で、土曜朝の用事を片付けた昼過ぎ、予約開始から3時間も経った頃、見るだけ見てみるか、ってチケぴにアクセスしたらあっさり取れた。しかも、結構、前の席。
 大政絢、岡本あずさと岡本杏理を肉眼で見ることができるのはうれしい限りだが、こうあっさりとれてしまうと、大丈夫かよ、と思ってしまう。

 押さえてあった飛行機は手数料を払って解約。代わりを購入するが、来週のことなので、割引率が低いのは止むを得ない。宿のキャンセルはペナルティなし。トータルでは結構な損害。
 残念ながら日帰り映画の後、ジュンク堂かリブロに寄って終わり、って感じか。

 第一作、シネマサンシャイン池袋で立ち見が出た、その現場に立ち会った者としては一抹の寂しさを感じる。
 尤も、あのときだってチケットを買ったのは一週前。同じように、もうねぇよなぁ、と思ってたから、本当はそういうものなのかもしれないんだが…。
 チケぴからの確認メールをよく読んだら、登壇予定者が三姉妹、トミマツ、安藤監督の6人だけだった。そうか、そういうことか。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

銭形結「初恋は死の香り!~愛はかげろうのように殺人事件 事件編」 [ケータイ刑事]

 始まったばっかりだからコメントが難しいが。
 金剛地のボソっとした台詞が面白かった。

 発想は、井上ひさしかなぁ。
 東北弁はあちこち混じっている。東北弁じゃない言い回しも多かったけど、まぁ、そこにクレームをつける種類の番組ではないな。

 石川梨華がセンターにいたが、通常ならそこは宝積有香のポジション。
 だが、もしそうだとすると「いつものメンバー」ってことになって、新味がない、というのは事実かもしれないなぁ、と思った。
 今シリーズに宝積有香がほとんど出てないのはかなり寂しいんだけどさ。
タグ:銭形結
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

銭形結「電気ウナギが明日を照らす~大学教授殺人事件」 [ケータイ刑事]

 そうそうそう。
 おふざけは最初と最後だけ、事件部分は、あさみのボケはあるにしても、ずっとシリアスな感じ。
 こういう話をきちんとやっておかないとシリーズ全体がただのコメディになっちゃう。もう遅いかもしれんが。

 救急車ではなく、警察を呼べ、と言ったことをあさみが追求していて、それは前に使ったぞ、と思ったが、材料の―つに過ぎなかったので OK. あれだけ真っ黒にしといて、外傷はなかった筈、はどうかと思ったが。

 永持が、電気を使うとき以外は素手で犯行に及んでいたのは気になったが、まあ、そういう詰めの甘い人だからそのポジションにとどまっているんだ、と理解する。再侵入するために、一晩中、窓の鍵をあけておいた、とかね。綱渡り過ぎ。

 もう一つ特筆したいのは、岡本杏理が可愛く撮れてたこと。モーフィングのときに、あんまりだって書いたが、今回は、美人と言ってもいいくらいにきれいに撮れてた。こうでなくっちゃ。

 ラストシーンのやりとりは今イチだったな。

タグ:銭形結
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | - ケータイ刑事 ブログトップ