So-net無料ブログ作成
検索選択
特撮あれこれ ブログトップ
前の10件 | -

サンダーバード「トレーシー・アイランドの危機」 [特撮あれこれ]

 んー、全員出動させる事態はフッドの罠だった、というのはいいとして、最後にまた全員出動、ってのはどうなんだ、と。
 ケーヨが(というより、トレーシー・アイランドが、なのか)対策を多重に持ってて爽快ではあったが、ちょっとケーヨに重心がかかりすぎな感じはする。

 1号と2号がフッドの船を壊すのがうさばらしっぽくて可笑しかったw

 前回の文で書き忘れたので補足しておくと、ペネロープが、自分で運転してるのがみっともない、と言っていたのが印象的。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

サンダーバード「サンダーバードS 発進!」「さらわれたエージェント」 [特撮あれこれ]

 久しぶりだわ。
 この二話は前後編なんだね。いや、ケーヨの正体についてはまだ解決してないから「前後編」とも言いきれないけども。

 わかっちゃいるのだが、やっぱり突っ込まずにはいられない。
 管制システムがダウンした、というのはいいとして、各航空機にはレーダーの類もないのかね。見えないからっていきなり上昇しようとするパイロットもどうかと思うけど。
 巨大タンクが落下したのに大した爆発もしてないし。

 例のおっさん、GDF に勤務できてラッキー、と思ったらいきなり北極に飛ばされるw
 つか、そんなところにそんな形で重要なボタンを設置するな。

 S号、かっこいいね。どこにでも張り付いて着陸できる、というのが面白い。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

サンダーバード「月面基地アルフィー」 [特撮あれこれ]

 基地に残ってる人が、名簿で調べたらわかった、っていうのがどういう意味だか分からない。

 このおっちゃんも面白い。言い回しはキザったらしいけどね。
 通信が聞こえると、「今のは何番目の子だ」とかw
「天の川のこっち側じゃ最高のバギーだ」とかw

 アルフィーの屋根を渡る合成はいい。
 ただ、カットによってはミニチュア感があったかね。

 壁を破って発信する巨大バギー。破るバギーもバギーだが、破られる基地も基地だw
 あ、でもヘルメットかぶって乗るんだから、エアロックみたいな頑丈さではないのかな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

サンダーバード「狙われたスペースホテル」 [特撮あれこれ]

 記者が今風の(つまり、ドラマの中では古臭い)IC レコーダー使ってて笑った。

 ブレインズが、直感でやれ、と言われてその気になったはいいが「どうやるんです」というのも可笑しい。

 フッドの「疑惑の種をまけばいい」というのは今の世界のことを考えると大変に適切。
 だが、「(IR の一員であるケーヨが脱出するのは)どうなんだろうな」という軽薄なセリフ回しにはちと眉間にが。

 ホテルは大気圏に突入して燃え始めるが、それと並走している3号がなんともないのはいいんだろうか。
 あと、最後に何が起こって無事に済んだのかがわからない。
 ホテルの備品らしい椅子リゾート客のすぐそばに落ちてたけど、それ「無事」って言わないよね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

精霊の守り人「決戦のとき」 [特撮あれこれ]

 やっぱり最後までノれなかった。
 豪華キャストと壮大な CG とアクションと、なんだっけ…って感じ。

 子役たちはすごかったと思う。いや、大人をくさすつもりはないんだが、チャグムの小林颯はなかなかいい声出してた。
 トロガイは、ひょっとしたら百歳超えてる婆さんだと思うんだが、やっぱり目に現れる 50 そこそこの「若さ」は隠せないよね。よくいう意味とは違うけど「目力」ってそういうことかと思った。

 丁寧に描いたのかもしれないけど、一話で説明できる内容に四話かけたって感じがする。
 今回のバトルも、「綾瀬はるか vs ビオランテだ!」って喜んでたんだけど、一カ所燃やしただけで滅びちゃうし。

 なんか、「大河ドラマ」を作ろうと思ってるんじゃないか、って気がした。
 真面目な話になっちゃってる。いや、制作姿勢が真面目なのはいいんだけど、作品が真面目で、外連がないんだもの。「すげぇ」とは思うけど「楽しい」とは思わない。
 というわけで、次シーズン以降は見ない予定。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

精霊の守り人「王子に宿りしもの」 [特撮あれこれ]

 子役のいい芝居ばかりが目につく。小林颯とかね。清原果耶は「子役」ではないのか。
 いや、大人がどうこうってのではなくて、ダラダラやってる、って印象からまだ逃れられない。今回も早送りしつつ見た。
 前回よりは良かったんだけどね…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

精霊の守り人「女用心棒バルサ」 [特撮あれこれ]

 冒頭の「精霊に宿られた王子」で「え…」と思った。表現がこなれてないにもほどがある。

 長い。
 実は早送りしながら見た。丁寧にやってるのかもしれないけど、だらだらした感じ。
 橋の下の隠れ家で王子の中の精霊が目覚めたときになってやっと「話が動いた」と思った。
 二話以降を見るかどうかは未定。

 音楽が佐藤直紀さん。
 番組が終わった後に「プロフェッショナル」の宣伝もあったけど、プリキュアには触れられるだろうか。見てみるか。「逆境ナイン」もそうだったのね。

 木村文乃はいいね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

サンダーバード「重力の井戸」 [特撮あれこれ]

 その科学者さん、絶対オカマだよね。あごとか頬とか青いもん。俺には、その人を女性だと信じることはできない。無理無理。

 VTG45 の操縦士、マリオみたいだったね。

 最後の最後に「あ、そうだ」ってミサイル
 加速器ってそういう風に破壊しても大丈夫なんだ。

 にしても、前からなんかおかしかった、ってことがわかってるのに運転を続けてたのか。ちょっと納得できかねる。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

サンダーバード「深海からの脱出」 [特撮あれこれ]

 出たな、おっちゃんw

 今回はフッドの企みが絡んでるのか。
 それにしても、俺、ケーヨは二回しか見たことないぞ。S号は一度もない。

 前から不思議なんだが、バージルの肩にのっかってるガンキャノンみたいなあれは何? 武器なの?

 4号が自分より大きい居住区画を振り回してるが、何も言わないでおくw

 ネッドが、海の方が安全とか言ってる。
 これはもちろん、これから起こることを考え合わせて笑うところなんだろうが、宇宙空間の方が安全、ってこともあるらしいぞ。
 に紹介した『海に降る』によれば、乗っている物が故障した場合、宇宙では船外活動ができるが、深海ではそれはできない。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

サンダーバード「ピラミッドの呪い」「最後の切り札」 [特撮あれこれ]

 ここのところちゃんと放送されている。したがってあふれてしまうので、睡眠時間をちょっと削って2本見た。

ピラミッドの呪い」
 パーカーがヘマこきまくり。60 年版では、“Parker, Well done”という歌があるのだが…。
 洞窟に閉じ込められ、地盤が崩れていく。頭上の岩につかまると、それがせりあがっていく。青空が見えてきてその向こうに2号、というカットはかっこよかった。

 前から思ってるんだけど、ホバリングする2号の動きが軽いのが気になる。リアルではあるのかもしれないけど、重量感がない。

「最後の切り札」
 こっちはこっちで兄弟たちが苦戦。ヘマというより、救出対象がひどすぎるんだが。
 次から次に手を変えて、メカも総出演なので見ごたえはある。

 3号の逆噴射口、すごいところにあるな。それじゃアームが焼けちゃうだろ。

 安全策を一切取らない実業家が、気球にくっつける(つまり、大気圏内でしか使用しないはずの)キャビンを宇宙空間に出ても大丈夫なように作ってあった(IR 側も、出せるかどうか確認してない)、エアロックも装備されている、というのはちょっと引っかかる。

 その、アクシデントが起こると部下のせいにするひどい奴、もしや、と思ったらやっぱり高木渉だったw

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | - 特撮あれこれ ブログトップ