So-net無料ブログ作成
検索選択

『ウルトラマンネクサス』 [特撮本]

 椎名高志
 小学館

 決してシンプルではない物語を良くまとめてある。
 っていうか、「ネクサス」って複雑なシリーズだったんだよなぁ、ということを再確認した、というか。
 さすがに、最終回の多段変身は子供向け雑誌の連載では超圧縮せざるをえなかったようで、カタルシス不足ではあるが。

 ちょっと絵については好みと違うところもあるのだが、表紙をはじめウルトラマンのアップについては文句なし。

 こないだの「特撮ゼロ」の特集もあって、もう一遍、見返したい、と思ってるところ。DVD が秋田だからできないでいるのだが、また火がついてしまった。

『本多猪四郎 無冠の巨匠』 [特撮本]

 切通理作
 洋泉社

 世間的には『ゴジラ』の、なんだろうけど、俺の場合、「帰ってきたウルトラマン」一・二話の人。いや、ゴジラも見たけども。

 出征してた時の様子に割とページが割かれている。本人の発言にもちょくちょく出てきてるのであるらしい。
「(第二次世界大戦の規模を踏まえて、あれだけのものがあったんだから)もう僕が生きている間は、戦争なんてものはあり得ないと思ってた」というのを読むと目の前が真っ暗になる。

 これを読んで、平成ゴジラ・ミレニアムゴジラがなんで俺にとって今イチなのかわかったような気がする。
 ベースが、「ゴジラと何を戦わせるか、という企画」で、それに至る理屈をあれこれくっつけてるだけ、っていう風に感じるから。
 本多監督の「(生物は)地球と太陽、宇宙というものの関係の中で、どうしても生まれなくちゃいけないから生まれて来た」というような「確信」みたいなものが感じられない。反対側から言うと「だっているんだからしょうがないじゃん」的な。
 もっと言えば、平成ライダーが「秘密結社にリアリティがない」からって「ショッカー」的組織をやめてるのに、なぜかファンタジーにふれているのと同じ感じ、というか。

 当然のことながら、こういうのを読むと映画を見返したくなる。今の気分では、ゴジラ シリーズより、『宇宙大戦争』『海底軍艦』『緯度0大作戦』あるいは『ガス人間第一号』、みたいな方面。
 数年前に日本映画専門チャンネルが頑張って放送してるから一通り録ってあるんだが、全部、秋田にあるんだよな。あるってわかってるのにレンタルしてくるのも業腹だし。困ったもんだ。

『妹がスーパー戦隊に就職しました』『ウルトラマン妹』 [特撮本]

『妹が~』大橋崇行
『ウルトラ~!』小林雄次
 PHP スマッシュ文庫

 疲れた。いや、正直、どっちも読んでて辛かった。唯一の救いは、文体がいわゆる「ラノベ」風ではなかったことくらいか。もしそうだったら途中で投げてたと思う。というわけで、ニコイチのレビューとさせてもらう。好きな人、ごめん。

 どっちも、戦隊でもなければウルトラマンでもない。「妹」もの。
 配置もそっくりで、ダメな兄、兄を叱咤・叱責する妹(の割にちゃんとしてるわけではない)、そのライバルの少女、兄と同年代もしくは上の女性数人、と、兄の周りには女性ばっかり、つか、兄以外の男は端役のみ。これが妹モノの約束事なのであろうか。

『妹が~』の方は、二行使う勢いの変身コード(名乗りではない)、肉弾戦ほとんどなし(魔物を召還して攻撃させる)、中世科学的設定(人体をエーテル変換してアストラル界で戦う)と、グループで戦っているというだけで、これは俺の知っている「戦隊」ではない。戦闘中に三行にわたるフレーズを詠唱して技を使ったりして、これは魔法ものだろう。
 会社組織らしいのだが、メンバーの一人がさらわれても普通に帰宅(基地に戻るのではなく)してしまったりと非常に緩い(つか、それはおかしかろう)。

『ウルトラ~』の方も、ドジっ娘のウルトラマン(女性だから「マン」じゃないだろ、というツッコミが執拗に入る)が先輩に「ゆとり世代」と罵倒されたり、技の名前を叫ぶのに夢中で肝心の技が使えなかったり舌噛んだりと、かっこよさが欠片もない。
 防衛組織の“BURK”ぱ“Bureau of Ultra Repose Keeping”の頭字語らしいが、なんか怪しい。まぁ、英語が怪しいのはウルトラの伝統かもしれないが。

 それぞれ東映協力、円谷プロ監修。バリエーションとして否定はしないが、読んでて苦笑も浮かばなかった。終始、頬が引きつってる感じ。妹モノが好きな人ならいいのかもしれないが、俺はそうではなかったらしい。妹達に魅力を感じなかったもの。
 おそらく俺みたいなのはそもそもターゲット外なんだろう。ブックオフ行きかどうかの線上にある。

『帰ってきたウルトラマン 完全復刻版』 [特撮本]

 内山まもる
 復刊ドットコム

「小学二年生」に連載していた奴のコミックス。
 俺はそのとき一年生だったから記憶がないのは当たり前なのだが、なぜか最終回だけは読んだ覚えがある。
 よく見てみると、それは 72 年の 4 月号に掲載されたもので、つまり俺が「小学一年生」から「小学二年生」にグレードアップしたときの号なのだった。なるほどねぇ。

 71 年 5 月号の第一話は、MAT アローが正式版ではなく、ファンコレとかで見た山口修の元デザインのものになっている。
 また、内山まもるのウルトラマンは口を一文字に結んでいるのが特徴なのだが、このときのウルトラマンは口が細かく描かれている。中のインタビューでも触れられているが、最初の数回は試行錯誤があったようだ。

 ¥1,600 と決して安くはないが、我々の世代にとっては、内容から言っても額から言っても、高い買い物ではあるまい。

『ドラマ』9月号 [特撮本]

 脚本の雑誌ね。
 まだ読んでる途中なんだが、藤川圭介氏と小林雄次氏の対談が載ってて、そこを先に読んじゃった。

 脚本家志望の人が「想像ってなんですか」って聞く、というのはちょっと理解に苦しむが、俺も最近は想像が膨らまなくなってるからなぁ…。一度、休んじゃうとだめみたいね。
 原作があって、脚本家がいないアニメもある、と聞いてびっくり。
「ゴッドマーズ」は、あのデザインでは動かせない、とアニメーターが言ったら、スポンサーが怒って番組がつぶれる寸前まで行ったらしい。さもありなん。かくして、肝心のロボットがほどんと活躍しないシリーズの出来上がり。

 藤川氏の「ウルトラマンマックス」-「M32 星雲のアダムとイブ」、小林氏の「スイートプリキュア」-「ヒュ~ドロ~! エレンの弱点見~つけた」が載っている。
 後者のほうだが、エレンが、あの幽霊がバリトンたちだってことを知ってたのかどうかがやっぱりはっきりしない。
 最後、エレンはお化け屋敷に突入していくが、脚本では、響と奏に引きずり込まれている。中盤で王子が、時にふざけあうのが友達、と言っているからそれはそれで整合性はあるが、エレンがお化け嫌いを克服するという観点から言うと、放送版の方がよかろうと思う。

特撮 NewType7月号 [特撮本]

 店頭で手にとってレジに持っていくとき、表紙を二度見して立ち止まってしまった。
 だせぇ。
 ゴーカイシルバーのゴールド モードも、オーズのブラカワニ コンボも。
 真面目に考えてる?
 しかも、ゴーカイシルバーの方は、今やってるバスコのエピソードの大筋が見えてしまう、という盛大なネタバレ デザイン

 賛否両論のオーズの映画は、松平健とのバランスが上手く取れれば、面白くなるかもしれん。
 荻野可鈴が可愛い

「琉神マブヤー」映画化だって。見られるかなぁ。

シルバー仮面」リマスタリングでまた DVD. いや、いくら好きでも、2セットはいりません。
ウルトラマン コスモスDVD-BOX で座談会。嶋大介がさらに太っている。「男の勲章」の頃の倍あるんじゃないか。

タグ:特撮 NewType

宇宙船 Vol.132 [特撮本]

 今度のオーズは恐竜かい。一昨年の戦隊がそんな流れだったような気がするぞ。

 Wやらゴセイジャーやら色々とスピンオフが出ている。あんまり見る気はなかったんだが、高梨臨とか岩佐真悠子とか聞いてちょっと気になっている。

 映画も色々。
「星を追う子ども」はちょっと興味ある。秋田に来る?
 戦隊の方は、紹介が「光の寿司侍」とか一々気合が入っていて微笑ましい。

 ゴーカイジャー主題歌の松原剛志、見たことあるなー、と思ってたら ProjectDMM の人だった。水木一郎の弟子だったのね。
 そういやウルトラマンコスモスの DVD-BOX. 決して割高ではないからちと気持ちが揺れるんだが、今年ボーナス出るんだろうか。

 イヤーブックの方。
 Wのドーパントのデザインはデザインと言うより絵画的な雰囲気で見ごたえがある。

タグ:宇宙船

東映ヒーロー MAX Vol.35 [特撮本]

 OOO&W 映画関連のインタビュー。山本太郎の話が面白い。
 一時、彼をお笑いの人だと思ってたことがあるんだが、外れてないのかもしれん。

 サゴーゾコンボの顔、なんか普通のライダーだね。OOO の持っているオリジナリティが希薄。

仮面ライダー Spirits」って 10 年にもなるのか。

 映司の服が売られてるらしいが、あれは着て歩けそうだな。

 CS3局のプリキュア祭り。
 こないだ、ANIMAX の分を録ったが、冒頭のミラクルライト使い方講座がカットされていた。大事なトコなのに。

 一番最後に「ゴセイ vs シンケン」の特報が載ってたが、「今後の情報は、12 月の『特撮ニュータイプ』、1 月の『宇宙船』で」って案内が凄い。
 今って、特撮雑誌が月刊状態なんだよな。前は三冊一緒に出たと思ったらしばらく空く、って状態だったけど、今は情報のアップデートが確実。
 あと、俺の買い忘れもなくなった。月初めに本屋行けばいいんだもの。ありがたいことである。

宇宙船 Vol.130 [特撮本]

 オーズの特写。
 背中の円がなんだかチープで気になってるんだよ。ゴセイナイトの背中もイマイチ微妙だけど、あれはヘッダーのコネクタだろうからなぁ。
「カンドロイド」が「ガンドロイド」になってるぞ。
 三浦涼介は話ぶりが面白い。

 ゴセイジャー。
「禦鏖」って。難しすぎる!

ウルトラマンゼロ」、意外に (ぉぃ) 面白そうだ。
 リメイクキャラのミラーナイトとグレンファイヤーはいいとして、ジャンボットにはどうにも既視感が。

 歌って戦えるアイドルWIPE OUT.
 佃井皆美可愛い。‘W’のときのゴスロリが彼女と聞いてビックリ。JAE の人だったのか。どうりで足が高く上がると思った。

「宇宙船」コアコンテンツと言っても過言ではない、モノクロページのインタビュー。武部直美、小林靖子、アベユーイチ、雨宮慶太。どれもいいが、その後の「チーフ助監督」対談が面白い。
 今後の特撮ってことで、「怪物くん」が挙ったが、そのときの「(笑)」の真意はどの辺にあるんだろうね。俺は見てないからよくわからんが。

タグ:宇宙船

特撮 NewType 7 月号 [特撮本]

「宇宙船」と一緒に買おうと思ったがなくて、やっとジュンク堂で見つけた。二冊しか残ってなくて冷や汗をかく。
 読んでみて、記事が微妙に古いな、と思ってよく見たら 6/1 発売だった。道理で本屋にないわけだ。

 ということでタイミングを逸したので、記事のレビューはしないが、今度から季刊になるそうで。
「特撮エース」の頃からの付録攻勢が負担になったのかしらん。

 話は変わるけど、6/1 発売で次が 9/1. こういうとき、「次から季刊」って表現は合ってるのだろうか。
 まんがタイムでも、「今月は先行掲載、来月は休んで、その次から隔月連載」ってのを見たことがあるが。それって単に「今月から隔月連載」なんじゃないの? 内部的な扱いはともかく。

「宇宙船」が隔月刊化を検討している最中の季刊化。発売日は一月ずれているから完全に重なるということはないにしても、報道スピードの優位性は失われることになる。
 買うのやめるとまでは言わないにしても、保存するのやめようかな。床が見えなくなりつつあるんだよな…。

タグ:特撮 NewType