So-net無料ブログ作成
検索選択

今期のテレビ [テレビ]

 今期視聴分が出そろったところで一言。

「バイプレイヤーズ」「ラブホの上野さん」「ホクサイと飯さえあれば」は秋田では見られない。面白そうなのに。特に「バイプレイヤーズ」はクール遅れでもいいから BS でやってほしい。何度も言うが、ネット/PC で見る気はない。
 一時間ものは「相棒」のみ、基本 30 分番組のラインナップとなっているが、テレビ視聴にかけられる時間を考えると、そうならざるをえない。
「視覚探偵 日暮旅人」は、多部ちゃん出てるし見たい気もなくはないのだが、2年前にスペシャルでやったときの「もたついてる」って印象が強くて視聴に踏み切れない。録画予約はしてあるので、他の人のレビューとか見て考える。

 アニメの方は、好みの美少女がいない、という、俺にしては不思議なラインナップ。声優目当てで選んでるせいだと思われる。「リトルウィッチアカデミア」「幼女戦記」とファニーフェイス系デザインが入ってるのもあろう。
 面白い! と思って見てるのは「リトル~」だけ、ほかは様子見中だが、「風夏」は既に脱落決定。こっ恥ずかしいにもほどがある。

「オーブ」が終わって「ゼロ クロニクル」になったが、これは再編集だから、時間の余裕を見て、ってことになる。
「キュウレンジャー」「プリキュア・アラモード」は楽しみ。

「ブシメシ」は8話しかないし、3月頃には暇になるかもね。

今期視聴予定 [テレビ]

 スーパーヒーロータイム、「アイカツ!」は固定として、「まれ」「ベランダー」、我らが多部ちゃんの「ドS刑事」が新規参入。「医師たちの恋愛事情」に石田ゆり子が出てるけど、なんか深刻そうなので見る気になれない。

 アニメ枠では、音楽系はやはり俺にとってのフックになるので“SHOW BY ROCK”は予約済みだが、遅ればせながら「響け! ユーフォニアム」も見ようかと思っている。ブラスは管轄外だから見る予定じゃなかったんだけど、京アニ制作、沼倉愛美登場と聞いて。
 あと、まんがタイム系の「レーカン!」は何話か見て決める。
 それから、やっと電波におりてきた「セーラームーン Crystal」。
 ただ、一週以上遅れて見る番組はタイミングとして間抜けだからレビューしない、という内部基準があるので、その辺との兼ね合いはあるかな。「プリパラ」が十日遅れになってしまったのが辛いなぁ。

 当初の見込み通り、「花燃ゆ」は脱落の予定。

伝えたい夏がある [テレビ]

 NHK の「伝えたい夏がある」というキャンペーンコンセプト ドラマらしいのだが、なんのキャンペーンなんだか、ホームページを見てもわからない。URL からすると、秋田放送局のキャンペーンなのかな、という気はするのだが。
 それはともかく、こっちにとっては pramo の初ドラマ、初 NHK.
 NHK もかなり気合が入っていて、“you are not alone”という 5 分もの (これがメインらしい)、“another story”という 2 分もの、10 分の“true story”にくわえ、メイキングもある。これがまた pramo のロゴも入ってまるで PV.

 メインは一期生の SERENKOMUGIMAYU らしい。
 ストーリーはある夏の出来事。KOMUGI は引っ越しが決まっているのだがそれを友人達に言い出せないでいる。夏に大曲の花火を見に行こうと誘われるが、そのときにはもういないので行けない、だが理由も言わないので、SEREN が怒ってしまう。登校日、KOMUGI がいなくなっていることにショックを受ける SEREN.
 その間を取り持つのが MAYU で、そこは“another sotry”で描かれる。
 再会は、8/31 の白神音祭。これの宣伝ってわけでもないんだろうけどなぁ。
 いずれ、pramo をテレビでたっぷりみられる、ということで大満足。三人の表情がいいよ。
 欲を言えば、二期・三期のメンバーにもうちょっと出番が欲しかった。10 分バージョンがあるんだしさ。あ、あれのテロップはいらなかったね。語りすぎって言うかさ。

 @nhk_akita も、完全版の放送前に「pramo 成分投下」とか言って、@NHK_PR みたいにノリノリ。

 あとは、プレマップにも登場するらしいのだが、ってことは、ついに全国区? Oh, yeah.

タグ:pramo

2010 第3クールのドラマ [テレビ]

 気がつけば、今年も半分終わりで、うれしさもちうくらいなりってところなのだが。

 第三クールのドラマは「熱海の捜査官」だけになる模様。
 いや、「モテキ」とか「宇宙犬作戦」とか見たいんだけど、秋田での放送は望み薄なので。
 言語に興味はあるので、「日本人の知らない日本語」は見るかもしれん。

 俺のオタク系友人が、次の仮面ライダーを「仮面ライダー orz」と書いて大いに笑わせてくれた。
 別の友人は、ディケイドを「要は仮面ライダーのウルトラファイトね」と喝破して、彼らの洞察力は侮れないのだが、さてどうなることやら>orz
 主人公の役者が秋田衆らしいし、有末麻祐子も出るようなので応援したいとは思っているのだが。

「三代目明智小五郎」が [テレビ]

 TBS だと思ってたら MBS.
 秋田に TBS 系列局はないから CATV の再送信で岩手放送を見てるのだが、岩手放送ではやらないのだった。小池里奈だし、第一話には大政絢も出るらしいから楽しみにしてたのに。

 ってことは、今期の新規は「サラリーマンNEO」だけか。
 まぁ、プリキュアの DVD をレンタルして見るつもりだから、都合がいいと言えば都合がいいのだが。

「プロゴルファー花」は加藤ローサだから見たいと思わないこともないが、なんかトホホっぽい匂いがして。
「タンブリング」もなんとなく「例のイケメン ドラマ」っぽい。でも岡本あずさが出てるんだよな…。

 前期は、「曲がらない女」と「まっすぐな男」とよく似た名前のドラマをやってるのが気になった。
 今期は、「八日目の蝉」と“MOTHER”が似た題材を取り上げている。
 作る人たちはそういうの気にしないんだね。
 いや、ひょっとしたら、「カブった!」って頭かかえてるのかもしれないけど。

CATV あれこれ [テレビ]

 来月分の番組表が来た。
 まず見るのは BS-TBS.
 当然の如く、目玉番組は「銭形命」。
 写真に宝積有香が入っていて一安心。
 紹介文がすごい。「天性の勘や IQ180 の頭脳を用いて難事件を解決に導く裏刑事」。
「裏刑事」って…。

 ファミリー劇場では、平成セブンの放送がある。
 東映チャンネルでは「ニュータイプ ただ、愛のために」をやる
 TBS チャンネルでは、ティガからメビウスまでのスペシャルをやる。
 キッズステーションでは「ジュエルペット」が始まる。ま、これは第一話、オープニングだけ見ればいいかな。
 アニマックスでは「銀色の髪のアギト」も気になるが、なにより誰より、りんちゃんの、もとい、「Yes! プリキュア5」の放送が始まる。
 こいつの問題は、月~金の毎日であること。しかも2話ずつ。
「つばさ」すら見られない俺に、毎週 30 分番組 10 本はキツい。ためておくにしてもものすごい量だしなぁ。

 パンクしそうな夏。

姫君捕物控 [テレビ]

 時代劇専門チャンネルでやっていた。1972 年のドラマ。主演は加賀まりこ。

 秋山庄太郎が撮った、若い頃の加賀まりこの写真を見たことがある。
 これがまぁ、ものすごい美少女。大きな目が印象的。
 そんなわけでこの時期の加賀まりこはずっと気になっていて、番組案内で見つけて飛びついた。

 話は徳川吉宗の時代、ご落胤騒ぎの「天一坊事件」を題材にしている。
 加賀まりこ演じる女盗賊「姫君お竜」は、実は大岡越前(二谷英明)の娘。若い同心(前田吟)の気を引きたくてしょうがない。
 女牢の囚人達が起こしたとされる事件に不審を抱いて自ら牢に入り、取調べと偽って外に出ては殺人事件の謎を暴いていくのだが、それが実は「天一坊事件」につながっていて、というもの。

 最近の軟弱な1クールではなく全 13 話なのだが、2話完結プラス最終回という構成。ただし一話一話にもそれなりのクライマックスが用意されている。
 話もスピーディで飽きさせない。古いドラマを見ると間延びした感じがすることがあるが、そういうのが一切無い。
 殺された人間には「蓮」「妙」などの刺青があり、全員が紀州の出身。そこから最終的に天一坊事件へ向かっていくのだが、その展開も巧い。
 全部かどうかまでは確認していないが、立ち回りも加賀まりこ自身がやっている。実は、第一話で、これ合成? みたいな素早いアクションがあってスロー再生してみたら本人がやっていてビックリした。

 ここのブログがらみで言うと、その天一坊は団次郎。時期から言うと「帰ってきたウルトラマン」の直後くらい。声あげちゃったよ。
 ゲストも、時代劇と言えばこの人、というようなクラスの人が名を連ねていて豪華である。

 ググったらほとんど記事が見当たらない。Wikipedia にも項目がないところを見ると、どうやらカルト的存在らしい。
 時代劇ではあるが、加賀まりこのコスプレや、前田吟とのじゃれあい、相牢からお竜の手下になる姫ゆり子の活躍など見所は多く、特撮者なら楽しめる番組である。もしチャンスがあったら是非見るべし。

今後のドラマ [テレビ]

 シーズン変わり目のたびに、見たいのが何本も増えたら困るな、と思っているのだが、どうやら 2008 1Q は「篤姫」と「四姉妹探偵団」だけに留まる様子。あぁ、俺は来年も「ケータイ」メインに行くのか。
 問題は、「篤姫」をいつ見るのか、ということ。日曜夜は、前夜の「ケータイ」、朝のスーパーヒーロータイム、ファミリー劇場のウルトラ劇場と目白押しで HDD レコーダーがフル回転。今のところ、ウルトラ劇場は俺にとっては再放送・保存用だから見るかどうかはエピソードによる、ということで、18:00 の BS Hi を録画しておいて 19:00 過ぎから見る、ということになる予定。質には期待しているが、長さ (時間も期間も) から言ってこれを永久保存するつもりはないので (40 時間!) ビデオテープに録画して見る、という手もあるかもしれない、と思っているところ。

 正月特番は「のだめ」だけになる見通し。もうすぐ新聞に一覧がはさまってくると思うからそれをもうちょっと仔細にみないとわからないが。
 あ、「ハゲタカ」を録画してあるのだが、これも 6 話。後から見るにはちょっとキツい量だ。

 一番困っているのは、本仮屋ユイカと多部美華子の“Yuming Films”で、NHK でやる、と聞いたときには小躍りしたのだが、なんと土曜の 11:00、銭形海 2nd シーズン最終回と思いっきりぶつかっているのだった。


美絵素四姉妹 [テレビ]

 BS 8局の合同キャンペーンだが、どう見ても丹羽P主導のキャスティング
 小出早織・南沢奈央・水沢エレナ・瓜生美咲という土曜 23:00 な彼女達が色んな話題にかこつけて BS がこの夏に押したい番組の紹介をする、という番組。色んなバリエーションがあるとかで何度か録画して見たが、まぁ保存するほどのことはないな、と思って消した。

 一番驚いたのは、瓜生美咲が可愛いこと。
 別に「恋する日曜日」のときに可愛くないと思ったわけではないが、ドラマも彼女のメイク衣装その他も地味目な感じだったので、こういう風にキャイキャイ言う感じで見せられると「へぇぇ」という感じ。
 水沢エレナは、失礼ながら第一印象では、大政絢とかぶってる、と思ったが、最近は区別が付く。別に銭形海を毎週見てるからではない。
 南沢奈央は、高校野球のポスターへの出演が決まったとかで、そう来るか、と驚いたのだが、「生徒諸君!」での演技なんか見てても、美人になったなぁ、と思う。今後、化けるかもしれない。
 小出早織は今更コメントの必要もないか。「舞妓 Haaaan!!!」は面白かった。そろそろ「早織」を単語登録したほうがいいかしらん。

 こないだ「花ざかりの君たちへ」を見てたら、ビフナイトの CM の子が可愛かった。調べたら岡本杏理という人で、またしてもスターダスト。「スタ☆ログ」の写真と印象が全然違う。

 それにしても、この年になってまた「この子、可愛い!」って騒ぐことになるとは思わなかった…。


宮 Love in Palace [テレビ]

 母親は韓流である。
 いろいろ揶揄する声もあるが、「んなわけねーだろ」という展開は、特撮者にとっては日常茶飯事なので俺は抵抗ない。女性も、そこはかとない田舎くささがあってなかなかいいし、きっかけがあればハマっちゃう畏れなきにしもあらず、と思っている。蛇足だが、宝塚や寅さん、釣りバカあたりにも似た感覚を持っている。実は「チェオクの剣」はあやうく見るところだった。
 で、録画してくれ、というから「宮 Love in Palace」をチラチラ見たのだが、ヒロインのユン・ウネは割と好みのタイプである。
 が、どっかで見たなー、という感じがぬぐえない。
 違う。見たことがあるのではなく、誰かに似ている。
 出てこないので、うーん、と考え込んだのだが、どうも特撮分野っぽい。
 と思い立ったところで一気に解決。
 上野めぐみ。
「おもいっきり探偵団 覇亜怒組」の赤川矢須子、「世界忍者戦ジライヤ」のカスミ、「仮面ライダー BlackRX」の的場響子。
 あーすっきりした。