So-net無料ブログ作成

ブシメシ!「魂のブシメシ!」 [時代劇]

 あれ、悪い奴を退治しないの。
 確かに、捕り物帖でも、勧善懲悪ものでもないけど、楽しかったりハートウォーミングだったりしてきたこのシリーズで、五郎衛門は殿の超法規的措置で切腹にはなりませんでした、というだけで終わり、というのは。しかも、どうやら反茂照派と思われた原田は黒幕ではないらしい。ほんとの悪人はいない、って世界なのかもしれないけど――と、ここまで考えて、違和感の原因が判明。磯部が何をしたかったのかわからないからだ。本当に脱藩するつもりだったのか、茂照を追い落とすための企みだったのか。五郎衛門が邪魔だったから、だけでは説明がつかない、というのは先週、書いた。
 いずれ、残尿感はあるよな。

 ラストの、伴四郎が すずをお松と間違える、というのでちょっと救われた(つか、ちょっとだけ笑えた)けど。
 残念。

タグ:ブシメシ!

「真田丸」最終回 [時代劇]

 サブタイトルないんだね。

 この最終回、みんなかっこよかった。それは例えば、敗北を悟ったときの大蔵卿も含め。
 大介なんかすっげぇ凛々しい。
 信政が突っ込んだことで家康に対する言い訳が立つ、と信吉が言った時、あぁやっぱり彼らは昌幸や信之たちがやってきたことを継いでいくんだ、ってうれしくなった。
 三十郎は辛いなぁ。叫ぶしかねぇよ。

 馬上筒はいつ出て来るんだ、と楽しみにしてたんだが、槍を立ててそれで狙いをつけるとは思わなかった。かっこいい。いいセンス。
 そして最後の顔。「笑顔で喜怒哀楽を表現する男」堺雅人の真骨頂。

 そんな中にもコミカル要素は忘れない。佐助の年を聞いた後の妙に長い間w

 面白かった、と思う。
 夏場の途中脱落が無かったらもっと楽しめたんだろうなぁ…。

 次シリーズを見るかどうかは未定。井伊直虎って名前は初めて聞いたし。本屋でムック見て考える。

タグ:真田丸

真田丸「前夜」 [時代劇]

 ほらなー。
 だから、おっちゃんが怪しいっつったじゃん。
 尤も、九度山からついてきた青年のことは盛大に勘違いしてたけども。

 松岡茉優がりりしい。
「あまちゃん」のときに、「お」と思ったけど、こんなに成長するとはね。

 大蔵卿とは一応の和解をしたけれども、次々に欠けていく武将たち。
 もちろん、三谷ドラマとはいえ史実が前提で結末は変わらないし、大河ドラマのクライマックスは多かれ少なかれ、誰かが滅亡するのではあるんだけども、何回も言うが、どう見ても豊臣方の自滅だから、やるせないよね。
 最終回、どうスカっと見せてくれるか、そこを楽しみにする。

 あ、予告がほんの数秒だったのはすごい。わかってる、と思った。

タグ:真田丸

真田丸「引鉄」 [時代劇]

 なるほどねー、幸村が家康を追い詰めるところをシリーズの山場にするのか。

 大介達の顔合わせは、次世代同士かぁ、とちょっと胸アツだったんだけど、信政はすっかり徳川方で。若いのに頭が固い、っつーか、「戦国世代」じゃないってことなのかね。

 豊臣方はほんと、自滅って感じ。
 秀頼がやっと男を見せて、修理も腹をくくったと思ったら、今度は牢人たちが。
 まぁ、だからこそ幸村のヒーロー性が立ち上がって来るのではあるんだけども、それが作り手側の意図かどうかはわからんわね。

タグ:真田丸

真田丸「反撃」 [時代劇]

 徳川の新式大砲に弾が無いと考える根拠が、撃ってこないから、というのには若干の異議を唱えたいのだが、それっきり話題にならないところを見ると、あの大砲の役割は終わった、ってことなんだろうね。

 あの会談、阿茶が凄腕、っていうより、大蔵卿が間抜け、という感じになっちゃってるのが残念。阿茶は基本、大蔵卿とばっかり話をしてたけど、やりやすくってしょうがなかっただろうな。
 堀については、内堀だけの筈が外堀まで埋められちゃった、とかいう話があったと思うんだけど、Wikipedia で確認したら、それは後で創作された話だそうな。

 一泡吹かせてやる、という言葉自体、もう終わってる感満載なんだけど、さて、どう持っていくのか。

タグ:真田丸

真田丸「砲弾」 [時代劇]

 でかいブーメラン。
 決めるのは秀頼、と言ったばっかりなのに、有楽斎にのせられたとはいえ、秀頼の決断を茶々を通してひっくり返そうとする幸村。しかも茶々の言葉は思いっきり力づく。
 幸村も幸村で、その決断は間違っている、としか言わない。あれじゃねぇ…。

 暴発する後藤らと一緒に打って出る幸村(赤備えじゃない)。一番、鬱憤を抱えてたのは幸村だったのかもしれない。

 一晩中、声を上げさせる家康の作戦だが、うるさくて眠れないのは家康側も同じだったのではないか、と思ったり。

タグ:真田丸

真田丸「完封」 [時代劇]

 まずは、サブタイトル通りの完封。多少のもたつきはあったけれども、幸村のことだからそこは改善するのだろうし。
 大介、父を彷彿とさせる大活躍。顔をグリグリされてうれしそう。

 でも、まぁ、このままいい状態で進みゃしないわけで。
 真田丸攻略を命じられる景勝。
 まだまだ一枚岩でない豊臣側。しかも、ちと浮ついている。
 徳川方にも、豊臣に兵糧を、とか言い出す奴あり。

 内通者は有楽斎なの?
 厨房のおやっさん、あるいは、大根を取りに来た若い奴ってことはない? 彼って、九度山から脱出するときに無理にくっついてきた青年だよね。

タグ:真田丸

真田丸「軍議」 [時代劇]

 かっこえぇ。
 絶対に負けないから、ここは死に場所ではない。死にたければ徳川方につけ。
 思わず「おぉ…」と声が出た。

 その後、考えを変えて有楽斎に反論した修理のツッパリもいいし、黒い有楽斎もかっこいい。

 敵は徳川というより豊臣家だというのがなんとも切ない。

タグ:真田丸

真田丸「味方」 [時代劇]

 武士が名刺渡しとるw

 長宗我部盛親が面白かった。
 顔はいかついが戦は嫌い。部屋が広すぎて寂しかったw
 後の軍議で総大将をやらされそうになるのが可笑しい。

 幸村の元に向かう作兵衛を切ろうとする信之。
 持病で手がしびれた刀を落としたのを情けと勘違いする作兵衛。
 直前に、戦が大きくなると息子たちを案じるシーンがあったので、あんまり笑えない。

 幸村、総大将は辞退したが、しっかり自分の案を通している。さすが。

タグ:真田丸

真田丸「入城」 [時代劇]

 幸村、ついに大阪城入り。
 徳川の使いを騙してそれを助けたあの村長さんはどうなったんだろう。

 幸村に無理についてきたあの若いのは誰。

 大阪城の受付はウィザードさん。しばらくオーズさんだと思ってた。

 今頃言うけど、茶々つか竹内結子の存在感がすごいな。

 あと十話もないんだよな。
 それなのに、修理大夫とか後藤又兵衛とかと内紛があるわけか。だから負けるのかもしれないが。

タグ:真田丸