So-net無料ブログ作成
検索選択

キラキラ☆プリキュアアラモード「小さな天才キュアカスタード」 [プリキュア]

「その話いる?」は確かに鋭利な言葉だよな、そういう流れでは。
 あの回想だけだとひまりは悪くないように見えるけど、いちかが最初に失敗したときの、「砂糖が結晶化してる」っていう表現は確かに舌足らずが過ぎる。後の、「かきまわすのではなく鍋をゆするといい」というような実利的な言い方が必要な局面だった。逆にえば、ひまりは、その間に成長しているわけね。
 まぁ、いちかがあまりに料理ベタなのも問題だが。スイーツプリキュアのセンターがスイーツ作れないというw

 すでに各方面から突っ込まれているが、肉弾戦の封印が早々に解かれてる。意思統一ができてなかった、ってこと?

 福原遥も中々いい。この人も芸歴長いんだっけね。「トッキュウジャー」の映画でしか知らないもんだから。

 絵柄がコロコロ変わるのが気になる。
 前半のバスケットのシーンで、あのツインテールのコ誰だろう、って思ったんだけど、いちかだったのでびっくりした。
 ひまりが持ってるリスプリンの大きさもカットによって違う。
 それ以前に、いちかからひまりに渡すとき、手の上に落とす感じだったのはなんで?

 ひまりのように豊富な知識を活用する人のことを「天才」とは言わないと思うがそれはまぁいいか。

 これもキュウレンジャーも動物が絡んでくるんだけどかぶったりしないかねぇ。いや、ライオンは既にかぶってるけど、それは王道で外せないものってことで、他のところでね。まぁ、キュアカジキとかはないと思うが。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

キラキラ☆プリキュアアラモード「大好きたっぷり! キュアホイップできあがり!」 [プリキュア]

 新しいことを始めているので、多少の違和感はやむをえまい。ケーキを作るシーンの挿入歌とか、やたらと「額縁」に入るとか、まぁ、すぐに慣れそうは気はする。最後のお料理教室は、話が緊迫して来たら省略されるんだろうなぁ。

 ファーストビジュアルとか、先週のゲスト出演とかで見た印象では、いちかがすごく子供っぽくて、小学生みたいな感じもしたのだが、動いてみるとそうでもないので一安心。

 スイーツの中にアイテムが隠れてる、ってのは面白いと思った。いい方にも悪い方にも作用する、ってあたりも使いようが色々ありそう。
 名前はちょっとあれだが。すでにネタにされてるけど、耳から聞いただけならまだしも文字で見ると「キルラキル」って読んでしまう。見てないけど。

 肉弾戦封印、ってのはどうだろうね。
 確かに、殴る蹴るはやってなかったけど、結局、攻撃はしてるわけだし、それほどの差別化になるだろうか、って気はする。

 エンディングの CG が楽しくて好きだが、曲そのものはどちらも、ちょととっちらかってる印象。
 今年のオープニングでは、「プリキュア」って単語が出てくるのは 11 小節目。前作ほどじゃないが大分、遅い。

 冒頭部の何話かは、その日のうちにもう一遍、見るのが通例なのだが、今回はそうしようって気持ちがわいてこなかった。ちょっとパワー不足な感じ。

 いちかも可愛いが、年長組二人が気になる。でも、「なかよし」の放映リストを見る限り、本格登場は年少組が揃って、三人まとまった後っぽい。勢揃いに6週もかかるのか…と思ったけど、「プリキュア5」がそうだったっけね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

魔法つかいプリキュア!「キュアップ・ラパパ! 未来もいい日になあれ!!」 [プリキュア]

 やっぱり蛇足だったねぇ…。去年から、番組の最後にプリキュアのバトンタッチが描かれるようになったけど、それに一話使ったって感じ。
 まぁ、確かに、ヤモーさんたちは、「大いなる混沌」との対比においては「こっち側」だから、倒しておしまい、ではないわけなんだけどもね。感情移入できるように描いてきてるし。
「まほプリ」らしいと言えばらしいんだけど、俺は先週で満足してるからな…。

 はーちゃん、大人になってもあの口(開いたときに上の方で狭くなってて、子供っぽく見える)なのね。

 このシリーズは、みらいとリコ、はーちゃん、その友人たちの「つながり」が主軸の様で、前作で言えば「夢と絶望は表裏一体」みたいな難しい要素はないから、おっさんからすると多少、食い足りない感じが無くはないのだが、今作もバランスが取れてたように思う。

 テーマソングがよかった。
 オープニングでは、後期版の「今かけたの、『魔法』じゃない。『ご迷惑』かも」って歌詞が素晴らしい。さすが森雪之丞先生。
 エンディングは前期がいい。楽しくて、かつ、品がある。後期は、楽しさを追求した結果か、曲自体がハチャメチャワチャワチャで苦手だ。

 キュアホイップ登場。
 映画館ドリームスターズの予告を見たときも思ったんだけど、美山加恋が想像してたよりいい。
 ジブリ系でよくある「女優が声をあててます」って感じじゃなく、ちゃんとアニメの声優の発声になってるのに感心している。期待。

 さて、CM カットとムーブを進めないと…。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

魔法つかいプリキュア!「さよなら…魔法つかい! 奇跡の魔法よ、もう一度!」 [プリキュア]

 うん。
 イベントで声優さんたちが、渾身の一本、てなことを言ってたらしいんだが、まさにそうだね。

 前半の戦い。
 正直、「また巨大プリキュアか」とは思ったのだが、こっちは はーちゃん、つか、マザー・ラパーパ。妖精時代もそうだったけど、声に透明感のある早見沙織の起用は大成功、という感じがする。
 手の上で戦うマジカルとミラクルもまたかっこいい。フォームチェンジを繰り返してサービス満載。
 デウスマストは、その力は生み出すことに使え、という最期。デウスマストを滅ぼしたのではない、というところがよい。
 そして、多くを語らない別れ。
 リコだけが永遠の魔法をかけてなかった、というのは偶然なのか計画的なのかわからないが、素敵な仕掛けだった。

 Bパート、大友達がある意味、待ち望んでいた、大人の姿のみらいたち。つか、俺が待ってた。

 エンドカードは、先週の奴とつながってるんだ、というのを知って、これまた感激。

 この感動的な最終回の後、来週は何やんの。
 また変身してるみたいだけど、蛇足にだけはならないで欲しい。
 娯楽編っぽい感じはするけどね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

魔法つかいプリキュア!「終わりなき混沌! デウスマストの世界!!」 [プリキュア]

 色々残念。
 作画。あまりに可愛くなくて「クレヨンしんちゃん」かと思った。
 詰め込み感。はーちゃんがすべてを語ってしまうところとかさ。彼女が次のマザーラ・パーパなのであればそれもそうなのかもしれないけども。
 校長が異変に気づいてなかった、ってのはそれも含めて異変だった、ってことらしいんだけど、それが理解できるまでしばらくかかった。
 その校長がすべての人々にいきなり呼びかけてみんなが手をつなぐのも唐突。

 それよりエンドカードだよな。
 左に、ぬいぐるみモフルンを抱いてる子供のみらい。
 真ん中に、今の三人とモフルン。
 右では、みらい一人っきり。
 ザワザワする。

 最終回に向けて、第一話あたりを見返しておくとなにか発見があるかもね。焼いた DVD、どこやったっけ…。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

魔法つかいプリキュア!「それぞれの願い! 明日はどっちだー?」 [プリキュア]

 初詣を兼ねたお散歩と称してのご挨拶回りでフラグを立てる回。

 巨大ベニーギョさんは口から大口径ビームを吐き、巨神兵のよう。あるいは、フュージョン。
 倒した、と思ったらデウスマストのおかげかシャーキンスさんたちまで復活。
 それにしてもデウスマストはグロいな。

 太陽の中でなんかがうごめいてる、って絵を見るとどうしても、「帰ってきたウルトラマン」の「ウルトラセブン参上!」でウルトラマンが太陽に飲み込まれそうになるカットを思い出す。

 最終的にはどこに行くんだろうね。
「なかよし」の上北ふたご版では、二つの世界が離れてしまっても、みたいな展開になってたけども。

 初夏の業爆以降、ほったらかしにしてあった CM カットに着手。
 やっとキュアフェリーチェが登場したところ。
「アラモード」が始まる前に DVD へのムーブ、終わるだろうか…。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

魔法つかいプリキュア!「魔法のクリスマス! みらい、サンタになる!?」 [プリキュア]

 単なるクリスマス エピソードではなく、まゆみちゃんと勝木さんのお話。いいなぁ、このふたりの関係。
 足がすくんで逃げられない まゆみちゃん。そこは、元地球署の勝木さんにはかなわない。

 プレゼントを届ける不思議靴下システムには「ドラえもん」っぽさがあってちと違和感が。「キュアップラパパ」くらい言わせるべきだったかも。
 違和感と言えば、子供たちが貰ったロボットやぬいぐるみは「コレジャナイ」どころじゃない微妙さで、「あのおもちゃはベニーギョさんが何か企んだ結果だな」と思った。いやマジで。

 プレゼントを欲しがるヨクバール。「欲張る」だもんな、欲しいよねw
 いい子にしてるとプレゼントがもらえる筈。はーちゃんがまとめたゴミを取りこぼさずちゃんと受け取ったのに攻撃されてしまう理不尽さ。

 勝木さんは、自分を信じるために魔法つかい研究をしている。だから、人にしゃべるなんてことは全く頭の中に無い。シンプルで強いルール。

 マホウ界とナシマホウ界はどんどん近くなってるらしいが、相変わらず誰も「なんでだろう」と思わない。

 こちらもそろそろまとめに入る模様。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

魔法つかいプリキュア!「想いは時を超えて…! 友情のかたち!」 [プリキュア]

 いちごメロンパン買って帰ってきたらバッティさん、って展開に大笑いしちまった。膝抱えてるしw

 この流れ、子供たちは理解できてるんだろうか。人間なんて弱いものが絡んでくるから、の辺り、難しくねぇか? と思ったりしたのだが。

 ヨクバール同士の戦い、ってのは面白かった。敵組織が二つある時の醍醐味、って感じ。
 あの荒れた線って「タイガーマスクW」で開発したとか言うあれだよね。
 バッティさんたちは最終決戦で戻ってきたりしないのかな。

 遺跡類から何かが出て来る、とかいうと、どうしても「六神合体ゴッドマーズ」を思い出してしまう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

魔法つかいプリキュア!「モフルン大奮闘! みんな子供になっちゃった!?」 [プリキュア]

 みらいたちが小さくなって絵面がコメディなのに、オルーバさんたちは大まじめ、というコントラスト
 復活組では、強戦士を求めて戦っているガメッツが、フェリーチェがあのちっちゃい子であることに気づいて驚く。
 バッティさんは戦意を持ってない。
 この二点がすごいと思った。

 みらいたちはあんまり可愛くない。ガニマタで出っ腹なんだもの。
 校長が考えてると飽きちゃうのが子供らしい。

 確かに「モフモフ」は咳に聞こえないこともないな、とちと感心しちゃった。

 さて、来週のバッティさんは…。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

魔法つかいプリキュア!「いざ妖精の里へ! あかされる魔法界のヒミツ!」 [プリキュア]

 はーちゃんが次のマザー・ラパーパってことになるのかな。

 それにしても、先々代の先々代が存命、って。小姑が多くて現役はやりづれぇだろうなぁw

 プリキュアに限らず、なんだけど、異世界って話をしてる時に地球を映されると、その異世界って星なの? 次元なの? ってわからなくなる。

 しばらくお休みになると思うんだけど、チクルンは意外に面白いキャラだったね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ