So-net無料ブログ作成
プリキュア ブログトップ
前の10件 | -

キラキラ☆プリキュアアラモード「デコボコぴったり! ひまりとあおい!」 [プリキュア]

 ちとぎこちなさを感じた。
 ノートを取りに行くところが特に。イベントを台無しにする流れに ひまりたちを配置するためだったんだろうな、と思えてしまうところがねぇ。
 そこで大人たちがやってることがあからさまなので、ディアブルの毒気のせいなんだろうな、って考えるんだけど、画面に毒気が充満してるのに彼女たちが気付く様子がない、ってのにもちとモヤット感。

 このエピソードの範囲では、あおいが「できた子」になってて、ひまりが「これからの子」。だからこそ、あおいの方から「好きだから友達やってる」って言うことに意味があるわけだ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

キラキラ☆プリキュアアラモード「小さな大決闘! ねこゆかりvs妖精キラリン!」 [プリキュア]

 あいかわらず、「面白いじゃない」を追い続ける ゆかり様。洞察力鋭すぎて、何もかも見えてしまっている。
 なるほどね、とは思ったけど、一夜明けてみると、なんだったんだありゃ、って気にもなってくるお話。

 ディアブルは今回の敗北でダメージを受けるのかと思ったら、普通に復活。なにか急ぐ事情があるらしい。

 今回、特に作画に不満はないんだけど、グレイブのところだけが気になった。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

キラキラ☆プリキュアアラモード「スイーツがキケン!? 復活、闇のアニマル!」 [プリキュア]

 ほら、ビブリー可愛いじゃん。だと思ったんだー。
 でも、シエルの店で引き取る、ってことは、毎週出るわけじゃない、ってことだろうなぁ。冒頭で、シエルがいつもいるわけじゃない、って描いてるし。
 いや、ものすごく納得性のある展開ではあるんだけども。
 Twitter で、オープニング後半の、ホイップたちがくるっと回るとグラデーション風の画面になるの、ウルトラセブンのオープニングに似てる、ってことで、第七の人物が現れるんじゃないか、ってボケをかましたんだけど、それにぴったりなんだよなぁ。ここまでの六人にない緑の髪だしさぁ。

 小動物の声はプリキュアさんたち自身?

 ここに来てスイーツ全否定になりかねない、それこそウルトラセブンみたいな展開。
 でも、「エンプティフード」的な娯楽に耽溺しているオタクとしては、それはものすごく重要なものだと思う。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

キラキラ☆プリキュアアラモード「キラッと輝け6つの個性! キラキラルクリーマー!」 [プリキュア]

 ルミエルさん、ラブユーなのです。
 先輩とは言いながら、ちょっと教え導く女王様的ポジションでもあり、 安野希世乃の声質が合っている。
 クライマックス近辺での再登場希望。
 にしても、明治期と思しい時代にルミエル…。変身後ならわかるけど。
「古」って百年程度で使う?

 個性ねぇ。
 ルミエルは一人だからそれに気付いた、ってことなんだろうか。もうちょっとわかりやすくならんかったか。

 ビブリーちゃん、来週も登場のようで一安心。
 ホイップたちが近づこうとするシーンで「マタンゴ」を思い出したのは俺だけか。

 にしても、過去の時代でラスボス倒そうとするとか、どんだけ前の時間帯とリンクさせるつもりなんだ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

キラキラ☆プリキュアアラモード「涙はガマン! いちか笑顔の理由!」 [プリキュア]

 濃密だった。
 一度、きちんと泣くことによって、いちかは一歩踏み出すことができたわけだ。

 グレイブのことと、お母さんのことがリンクしてないのがいい。
 戦闘シーンの前半では台詞もほとんどない。おかげでいいバランスになっている。
 それがリンクしちゃうとさすがに暑苦しすぎるからな。
 寂しいのは寂しいにしても、いちかはお母さんの背中を見て育ってきたわけだ。ここで、いちかがお母さんを助ける、はまだ早い、とも思う。

 ビブリーちゃんの明日はどっちだ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

キラキラ☆プリキュアアラモード「狙われた学園祭! ショコラ・イン・ワンダーランド!」 [プリキュア]

 正面突破。
 みんなを守ろうと思って何が悪い。
 あきらはこれで、それが自分の志向だってことを自覚するのかな。

 ゆかりがなかなか出てこなくてドキドキした。学園祭に積極的になりそうもないからなw

 みくちゃんがいい子すぎて胸が痛い。
 そういやエリシオがショコラに見せた「証拠動画」、あきらが迷子の子の手を取るところと、みくから手を放すところを並べてあって上手いと思った。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

キラキラ☆プリキュアアラモード「大ピンチ! 闇に染まったキュアマカロン!」 [プリキュア]

 面白い構図。
 ゆかりが鏡の中で「戦って」いたことは、あきらたちは知らないんだね。苦しんでるところしか見えてなかったみたいだから。
 そういや、ジュリオとのやりとりもそうだった。ゆかりってそういう感じで行くのかね。

 光の中に出てきた瞬間の幼女ゆかりが可愛かった。

 彼女が、光があるとつらいことが目立っちゃう、って言ってたけど、あきらがその「光」に対応するのかもしれない、っていうレビューを読んで、なるほど、と思った。

 にしても、水切りができるくらいの池があるなんて、どんだけのお屋敷なんだ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

キラキラ☆プリキュアアラモード「ふくらめ! ひまりのスイーツ大実験!」 [プリキュア]

 ひまりちゃん頑張るの巻。
 こういう戦い方を待ってた、って感じ。それに思い至る時に、ここまでの回想がインサートされるのも気が利いている。
 毎回やられると誰がリーダーだかわかんなくなるけどな。そこはポイントポイントで効果的に使って欲しい。

 ラストはちょっとあれだが。
 気を失ってるおっさんをそのままにしてショー続けてたのか、と。

 立花ゆう先生が使ってるのが iMac というのがなんともそれらし過ぎると言うか。
 物持ちいいなぁ。20 年前のマシンだぜ。マウスが違ったけども。
 あ、ひょっとして元ネタがあるのかな。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

キラキラ☆プリキュアアラモード「アツ~いライブバトル! あおい VS ミサキ!」 [プリキュア]

 WILD AZUR のバンド活動が普段、どんなもんだか描写されてないので、ちょっとのりきれない。
 おそらく「あの」つきで言及される存在であろうミサキに認められ、つか、期待される存在ってのが落ちてこない。そうすると、あおいが舞い上がってただのファンになってしまっているのが不適切だ、って思えないのね。そこでちょっと躓いた。

 自分たちなりの音楽を、っていう、通常は最後にまとめるために使われるフレーズが、逆に彼ら自身を否定することになってしまった、というのは面白いと思った。

 参加するバンドの名前がそれぞれスイーツに絡めてあって芸が細かい。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

キラキラ☆プリキュアアラモード「海だ! 夏だ! キラパティ漂流記!」 [プリキュア]

 ビブリーって可愛いよね。実は前から思ってた。
 シエルからかき氷を受け取りはするが、食べずにキラキラルだけを抽出するのが切ない。
 彼女は浄化エンドを迎えられるだろうか。

 巨大浮き輪でキラパティを海上へ。
 でも客が来る様子はなし。そりゃそうだ。つか、オープンするなり遊び始めてるってどういうこと。

 細かいこと言うけど、あきらがパーカー着たままサーフィンしてるのは OK なんだろうか。
 いや、水着姿が見たいとかじゃなくて、万が一の時に危険だから装備は必要最小限、ってのが基本なんじゃないかな、と思って。パーカーは紐あるし。
 自転車競技でも、ベル・ライト・スタンドは外せ、って言われる。

 かき氷の原料は、洞窟の中のつらら。
 あれを勝手に切り出してるのを見て、AC の広告を思い出した。桃太郎のおばあさんがネット民から叩かれる奴w

 今のエンディング苦手。
 去年もだったけど、そういう歌詞だからってなんで曲までハチャメチャにしちゃうんだろう。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | - プリキュア ブログトップ