So-net無料ブログ作成
検索選択
プリキュア ブログトップ
前の10件 | -

キラキラ☆プリキュアアラモード「ペコリン、ドーナツ作るペコ~!」 [プリキュア]

 まだ全貌は見えないか。単にペコリンの仲間を見つけて終わり、ではないと思うのだが。あの巨大化する連中も妖精なの?
 ペコリンたちがいた場所が意外にご近所で拍子抜け。今までのように別世界ではないのか。妖精だから、見える人、見えない人がいる、ってことなんだろうか。でも、いちかたちはずっとあの町に住んでたんだよな。その辺も含めて今後か。

 ペコリンの仲間たち、語尾があるってことは名前も決まってるんだと思うんだが、エンディングでは「妖精」とくくられてた。

 ふっとばされるホイップを受け止める あきら、それを支える あおいと ひまり。あれ、ゆかりさんはw いや、一瞬だけ支えてるように見えなくもないんだけど。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

キラキラ☆プリキュアアラモード「これってラブ!? 華麗なるキュアショコラ!」 [プリキュア]

 あきらが いちかを落とそうとしているようにしか見えないw
 徹底してる。

 変身シーンも凝ってる。階段w
 明らかにバストラインがあるのは、男っぽいというイメージとの対比を狙ってるのだろうか。

 一つ気になったのは、あおいやひまりが、あきらが女性だということに気づいたのが、あきらがケーキを「可愛い」って言ったから、って辺り。かみつくほどじゃないけど、男だって可愛いって言うことはあるぞ。まぁ、いちかの「かっこいい」を否定する形だから、コントラストにはなってるけども。そもそもあのケーキはかっこいいか、って気もするし。

 オールスターズ予告映像、麗々しく登場したばっかりの ゆかりがいきなり変顔。何が起こってるんだろう。
 いつ行けるかなぁ…。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

キラキラ☆プリキュアアラモード「きまぐれお姉さまはキュアマカロン!」 [プリキュア]

 ゆかりお姉さま、可愛いじゃないですか。
 マカロンが上手く作れなくて意地になってるところとか、いちかに見抜かれて頬を染めるところとか。
 それでいて強い。
 マキャロンヌの最初の一激を受けとめたときの「あなた、強いのね」という一言の破壊力と言ったらw

 制服、地味すぎないか。いちか達のがピンクだからなおさら。地味と大人っぽいのとは違うよねぇ。

 すぐに合流、というわけではないのね。
 来週、同じ年長組の剣城あきらが登場して、どうなるか。

 最後の一分間クッキング、いちか達が手で作ってるのに、ここでは機械なのはどうなのか、と思わないことはない。
 あと、材料名をボウルに沿って丸く配置するのは読みにくくて疲れる。いや、作らないけど。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

キラキラ☆プリキュアアラモード「3人そろってレッツ・ラ・まぜまぜ!」 [プリキュア]

 最初、三人はそれなりに一生懸命にやってるのに(ドラマ的に)何が問題なんだろうと思ってたんだが、別々に頑張るのではない、例えば、誰かがまぜまぜしてたら別の人がボウルを押さえる、とかそういうことね。わかったときに、あぁそういうこと、と声に出してしまった。
 役割分担の否定になりかねないから、ちと難しかったかもね。

 長老の傘にはまんまと笑わされてしまった。

 肉弾戦封印ってことらしいんだが、その代わりであるらしい、ケーキ食材 (?) による攻撃が、きれいに見えないんだけど。
 クリームだ、と思って見てるせいか、あんなもの振り回したらベトベトに、って思っちゃうんだよなぁ。
 もうちょっと「光の使者」っぽい形式にならないものだろうか。

 今のところ、あおいちゃん推しだが、実はホイップの「できあがり」ポーズは好きだ。実に彼女らしくて可愛い
 ああいうポーズって誰が決めるんだろう。やっぱりアクション監督?

 次回、マカロンお姉さま登場らしいが、目のあたりの処理とか、島本和彦のマンガに出てきそうな感じがする。
 そもそもスイーツの戦隊は向こうの方が先だが。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

キラキラ☆プリキュアアラモード「叫べライオン! キュアジェラート!」 [プリキュア]

 実は、ファーストビジュアルの段階から、ライオンちゃんが一番好みかも、と思ってた。
「かも」だったのは、「男の子みたいに元気な少女」なのかなぁ、とも思ったりしたからなのだが、案の定、持ってかれてしまった。
 すっげ可愛い。例えば、いい詞が書けなくてうつむいてるとことか。作画もよくてアップも多い。まことに眼福。
 まぁ、3週間後には別のことを言ってるかもしれんが。

 変身バンクが素晴らしい。
 世間ではスカート下のモフモフが注目されているが、ポイントは、上着をギュっと引っ張るところと、ストッキングをガッと上げるところだろう。これは強調しておく。あれがいい。
「ガオ」ってカットも可愛い。

 単純なロック少女ではないところもよい。
 おそらく以前はクラシカルなバイオリンを習っていたのであろう。だが、彼女は青空の下で GANACHE の岬と、ロックと出会ってしまった。クラシックを否定するのではないと思うが、その重層性がよい。バイオリンをフィーチャーしたロックもあるしな。
 今回、セリフはなかったけど、岬とあおいのやりとりが楽しみだ。
 まったくもって穏やかじゃない。

 ちょっと気になってるんだけど、オープニングの方で、年長組二人がニコイチ的な扱いをされてない? アップにしても、いちこ、ひまり、あおい、ゆかりあきら、って二人のトコだけ駆け足な感じ。揃ったら変わるのかな。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

キラキラ☆プリキュアアラモード「小さな天才キュアカスタード」 [プリキュア]

「その話いる?」は確かに鋭利な言葉だよな、そういう流れでは。
 あの回想だけだとひまりは悪くないように見えるけど、いちかが最初に失敗したときの、「砂糖が結晶化してる」っていう表現は確かに舌足らずが過ぎる。後の、「かきまわすのではなく鍋をゆするといい」というような実利的な言い方が必要な局面だった。逆にえば、ひまりは、その間に成長しているわけね。
 まぁ、いちかがあまりに料理ベタなのも問題だが。スイーツプリキュアのセンターがスイーツ作れないというw

 すでに各方面から突っ込まれているが、肉弾戦の封印が早々に解かれてる。意思統一ができてなかった、ってこと?

 福原遥も中々いい。この人も芸歴長いんだっけね。「トッキュウジャー」の映画でしか知らないもんだから。

 絵柄がコロコロ変わるのが気になる。
 前半のバスケットのシーンで、あのツインテールのコ誰だろう、って思ったんだけど、いちかだったのでびっくりした。
 ひまりが持ってるリスプリンの大きさもカットによって違う。
 それ以前に、いちかからひまりに渡すとき、手の上に落とす感じだったのはなんで?

 ひまりのように豊富な知識を活用する人のことを「天才」とは言わないと思うがそれはまぁいいか。

 これもキュウレンジャーも動物が絡んでくるんだけどかぶったりしないかねぇ。いや、ライオンは既にかぶってるけど、それは王道で外せないものってことで、他のところでね。まぁ、キュアカジキとかはないと思うが。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

キラキラ☆プリキュアアラモード「大好きたっぷり! キュアホイップできあがり!」 [プリキュア]

 新しいことを始めているので、多少の違和感はやむをえまい。ケーキを作るシーンの挿入歌とか、やたらと「額縁」に入るとか、まぁ、すぐに慣れそうは気はする。最後のお料理教室は、話が緊迫して来たら省略されるんだろうなぁ。

 ファーストビジュアルとか、先週のゲスト出演とかで見た印象では、いちかがすごく子供っぽくて、小学生みたいな感じもしたのだが、動いてみるとそうでもないので一安心。

 スイーツの中にアイテムが隠れてる、ってのは面白いと思った。いい方にも悪い方にも作用する、ってあたりも使いようが色々ありそう。
 名前はちょっとあれだが。すでにネタにされてるけど、耳から聞いただけならまだしも文字で見ると「キルラキル」って読んでしまう。見てないけど。

 肉弾戦封印、ってのはどうだろうね。
 確かに、殴る蹴るはやってなかったけど、結局、攻撃はしてるわけだし、それほどの差別化になるだろうか、って気はする。

 エンディングの CG が楽しくて好きだが、曲そのものはどちらも、ちょととっちらかってる印象。
 今年のオープニングでは、「プリキュア」って単語が出てくるのは 11 小節目。前作ほどじゃないが大分、遅い。

 冒頭部の何話かは、その日のうちにもう一遍、見るのが通例なのだが、今回はそうしようって気持ちがわいてこなかった。ちょっとパワー不足な感じ。

 いちかも可愛いが、年長組二人が気になる。でも、「なかよし」の放映リストを見る限り、本格登場は年少組が揃って、三人まとまった後っぽい。勢揃いに6週もかかるのか…と思ったけど、「プリキュア5」がそうだったっけね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

魔法つかいプリキュア!「キュアップ・ラパパ! 未来もいい日になあれ!!」 [プリキュア]

 やっぱり蛇足だったねぇ…。去年から、番組の最後にプリキュアのバトンタッチが描かれるようになったけど、それに一話使ったって感じ。
 まぁ、確かに、ヤモーさんたちは、「大いなる混沌」との対比においては「こっち側」だから、倒しておしまい、ではないわけなんだけどもね。感情移入できるように描いてきてるし。
「まほプリ」らしいと言えばらしいんだけど、俺は先週で満足してるからな…。

 はーちゃん、大人になってもあの口(開いたときに上の方で狭くなってて、子供っぽく見える)なのね。

 このシリーズは、みらいとリコ、はーちゃん、その友人たちの「つながり」が主軸の様で、前作で言えば「夢と絶望は表裏一体」みたいな難しい要素はないから、おっさんからすると多少、食い足りない感じが無くはないのだが、今作もバランスが取れてたように思う。

 テーマソングがよかった。
 オープニングでは、後期版の「今かけたの、『魔法』じゃない。『ご迷惑』かも」って歌詞が素晴らしい。さすが森雪之丞先生。
 エンディングは前期がいい。楽しくて、かつ、品がある。後期は、楽しさを追求した結果か、曲自体がハチャメチャワチャワチャで苦手だ。

 キュアホイップ登場。
 映画館ドリームスターズの予告を見たときも思ったんだけど、美山加恋が想像してたよりいい。
 ジブリ系でよくある「女優が声をあててます」って感じじゃなく、ちゃんとアニメの声優の発声になってるのに感心している。期待。

 さて、CM カットとムーブを進めないと…。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

魔法つかいプリキュア!「さよなら…魔法つかい! 奇跡の魔法よ、もう一度!」 [プリキュア]

 うん。
 イベントで声優さんたちが、渾身の一本、てなことを言ってたらしいんだが、まさにそうだね。

 前半の戦い。
 正直、「また巨大プリキュアか」とは思ったのだが、こっちは はーちゃん、つか、マザー・ラパーパ。妖精時代もそうだったけど、声に透明感のある早見沙織の起用は大成功、という感じがする。
 手の上で戦うマジカルとミラクルもまたかっこいい。フォームチェンジを繰り返してサービス満載。
 デウスマストは、その力は生み出すことに使え、という最期。デウスマストを滅ぼしたのではない、というところがよい。
 そして、多くを語らない別れ。
 リコだけが永遠の魔法をかけてなかった、というのは偶然なのか計画的なのかわからないが、素敵な仕掛けだった。

 Bパート、大友達がある意味、待ち望んでいた、大人の姿のみらいたち。つか、俺が待ってた。

 エンドカードは、先週の奴とつながってるんだ、というのを知って、これまた感激。

 この感動的な最終回の後、来週は何やんの。
 また変身してるみたいだけど、蛇足にだけはならないで欲しい。
 娯楽編っぽい感じはするけどね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

魔法つかいプリキュア!「終わりなき混沌! デウスマストの世界!!」 [プリキュア]

 色々残念。
 作画。あまりに可愛くなくて「クレヨンしんちゃん」かと思った。
 詰め込み感。はーちゃんがすべてを語ってしまうところとかさ。彼女が次のマザーラ・パーパなのであればそれもそうなのかもしれないけども。
 校長が異変に気づいてなかった、ってのはそれも含めて異変だった、ってことらしいんだけど、それが理解できるまでしばらくかかった。
 その校長がすべての人々にいきなり呼びかけてみんなが手をつなぐのも唐突。

 それよりエンドカードだよな。
 左に、ぬいぐるみモフルンを抱いてる子供のみらい。
 真ん中に、今の三人とモフルン。
 右では、みらい一人っきり。
 ザワザワする。

 最終回に向けて、第一話あたりを見返しておくとなにか発見があるかもね。焼いた DVD、どこやったっけ…。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | - プリキュア ブログトップ