So-net無料ブログ作成

プリンセス・プリンシパル“Wired Liar” [アニメ]

 キャラクターデザインをやった黒星紅白のことは「ポッピンQ」で知った。そのつながりで見てみることにした。
 なかなかの緊張感。
 架空戦記、スチームパンクとも苦手なんだけど(食わず嫌いなところはある)、オープニングやエンディングの曲の雰囲気もいいし、これは視聴決定。
 キーは、ケイバーライトの扱いだろうね。あれに「おんぶにだっこ」にならない程度に、でも最大限に生かせるかどうか、というあたり。

 でも、オープニングのスタッフ名がローマ字なのはちょっと。一時停止と再生をくりかえさなきゃいかんのがわずらしい。二度とやらんけども。
 そんな中で見つけた梶原由記の名前。Wikipedia で調べたら、俺が知ってる作品が一つもなくて、どこで覚えたんだろう、と思ってたんだが、何度も読み直してやっと「花子とアン」を見つけた。これ一作だった。

 サブタイトルが“Case 13”なのはそのうち、明かされるのだろうか。単に減るだけじゃないといいが。