So-net無料ブログ作成
検索選択

ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~「奇妙なお悔やみ状」 [一般ドラマ]

 クライマックス、いざ手紙を書こうとするときの多部ちゃんがすごい。こういうピシっとした役をやると決まるよなぁ。流石。
 降ってきた言葉がありきたりで、「ん?」って思ったんだけど、猿の権之助を一人の人間として扱ってるわけだ。だから、「普通のお悔み状」になるのね。納得。

 メッシュ入れてわかりやすくグレてる多部ちゃんがまた可笑しいw
 まだ制服いけますよ。

 目覚まし時計は最初、よくわからなかった。
 止めてもおこしに来るから、目覚ましが鳴ると祖母の声を思い出す、だから、止めるんじゃなくて、時間をずらす癖がついてる。そのせいで、あらぬ時間で鳴り始める。
 で、家の解体の契約をしようというときに鳴るんだが、それはイコール祖母の声なわけだ。なるほどねぇ。

 子役たちが三人ともすごい。

 じっくり見させてもらう。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0