So-net無料ブログ作成

一箱古本市 [本]

 東京の雑司ヶ谷で行われた一箱古本市に参加してきた。
 知らない人もいるかもしれないので説明すると、個人が段ボール一箱程度の古本を持ち込んで売る、そういうイベントである。俺みたいな素人もいれば、ちゃんと店舗を持った古書店が参加することもある。
 秋田でも去年、一・二度開催されたようだが、なにせ北国なのでまだ屋外イベントの時期ではない。待ちきれないので、アゴアシ自前で行ってきた。学生のころ住んでたので、久しぶりに、という気持ちもあった。

 市は 19 日だが、18 日に前ノリ。
 これがまた秋田空港の駐車場、激混み。
 空港ビルから遠いけど安い方が埋まっていて、近いけど高い方に停めざるを得なかった。一番安いところの倍以上もするんで今まで使ったことがなかったんだが、連休初日の二便をなめてたぜ。相方は B747-800.
 その日は、荻窪の Title など、気になる書店を巡った。一軒で一冊くらい買ってるので、荷物は増える。古本市で売る本は宅急便で主催者宛に送るのだが、売れ残った分はまた宅急便で送り返す。本を売ってできた隙間に詰めればいいはず。

 古本市当日。
 段ボール一箱が全部売れれば、早割での往復分は出るのだが、そんなわけはない。宿から会場までの電車代くらいにしかならなかった。がっかりはしていない。基本、俺が読み終わって手元に置いておこうと思わなかった本なので、アピール力は弱い。プロの本屋なら、隣に置く本の組み合わせなんかで立体的に訴求するんだろうが、そんなスキルはないし、そもそも数が少ないので難しい。
 まぁ、勉強になった、というところ。帰りの段ボールに昨日買った本を入れる隙間はできたので一安心。

 最終日。
 普段は、午前中になんか入れるんだが、そこはやはり連休最終日でうまい予約が取れず、起きたらすぐに空港へ、というスケジュール。相方は B787. 飛行機の中も外も込んでいて遅れた。
 さて、荷物もざっと片づけたし、昼寝するか。
 昨日は5時間立ちっぱなし。予想以上にくる。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0