So-net無料ブログ作成

ブシメシ!「魂のブシメシ!」 [時代劇]

 あれ、悪い奴を退治しないの。
 確かに、捕り物帖でも、勧善懲悪ものでもないけど、楽しかったりハートウォーミングだったりしてきたこのシリーズで、五郎衛門は殿の超法規的措置で切腹にはなりませんでした、というだけで終わり、というのは。しかも、どうやら反茂照派と思われた原田は黒幕ではないらしい。ほんとの悪人はいない、って世界なのかもしれないけど――と、ここまで考えて、違和感の原因が判明。磯部が何をしたかったのかわからないからだ。本当に脱藩するつもりだったのか、茂照を追い落とすための企みだったのか。五郎衛門が邪魔だったから、だけでは説明がつかない、というのは先週、書いた。
 いずれ、残尿感はあるよな。

 ラストの、伴四郎が すずをお松と間違える、というのでちょっと救われた(つか、ちょっとだけ笑えた)けど。
 残念。

タグ:ブシメシ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0