So-net無料ブログ作成
検索選択

『アンと青春』 [本]

 坂木司
 光文社

 前作と同じ印象。
 坂木司特有の、いい話の中にザクっとえぐる感じは弱い。
 けど、それは別に欠点ではなく、作品の雰囲気が他と違う、というだけ。
 ふわっとした「日常の謎」が楽しめる。

 今回のには、チラっと震災の話が出て来る。
 それが非常に良識的で。
 あんまり細かく書くとネタバレになりかねないからあれなんだが、みんな忘れちゃってるよね、と思ってる俺からすると、それが逆にほっとするというか。忘れていいと思ってる人と、忘れさせたい人がこんなに多いとは思わなかったのでな。

 今回も業界知識満載。すごい取材量だよな、ほんと。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。