So-net無料ブログ作成

『肉小説』 [本]

 坂木司
 角川書店

 こっちは、冒頭の「武闘派の爪先」に『何が困るって』に感じられるブラッディなにおいがあるものの、ほかの話は基本的には楽しい話ばっかりなので、面白く読めた。
 尤も「武闘派の爪先」だって、ワルに憧れてはいるがまじめな奴が主人公で、ヤクザになってやった取り立ての仕事でヘマをこいて一千万の損を出し、自分で払えと言われて定期預金で穴埋めしてしまう、というのがどうにも間抜けでおかしいのだけども。
「いい話」が多くて読後感もよい。こちらはお勧めする。

タグ:坂木司
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0