So-net無料ブログ作成

『何が困るかって』 [本]

 坂木司
 東京創元社

“We are in trouble”というサブタイトルが示す通り、いろんな「困りごと」を題材としている。
 が、その内容が、いじめであったり、暴力行為であったり、はてはカニバリズムであったりする。具体的で陰惨な描写はないものの、最後に救いが用意されていない話が多く、大変に読後感が悪い。
 いや、よくできてて面白いんだけどね。読んでスカっとする本ではない。
 最初は夜、寝る前に読んでたんだけど、寝つき悪くなったり安眠できなかったりするんで、昼に読む方に切り替えた。
 坂木司の作品はザラっとした感じが魅力だとは思っているんだが、ここまでくるとちょっと。特に「都市伝説のやつ」が。
 好きな人は好きかもしれないが、自分が苦手だから、おすすめはできない。

 つか、おととしの暮れに出た本やんけ。

タグ:坂木司
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0