So-net無料ブログ作成

ソラニン [映画]

 売りは「青春恋愛映画」らしく、前半はまさにその通りなので、ノれずにいた。
 ノれるようになるのは主人公がギターを手にしてから。
 最近すっかり遠ざかってるけどやっぱ俺って音楽が好きらしい。

 宮崎あおいの芽衣子がオンナノコオンナノコしててかわいい。さすがって感じ。
 例えば、ふさぎこんでるときの声がまさにそういうときの声で、そこまで制御できるってのはすごいと思った。

 高良健吾は、今まで見たのが「フィッシュ・ストーリー」「ハゲタカ」とちょっとキレたところのある役柄だったせいか、シャイな好青年をやっていることに驚く。いい感じ。
 原付を運転しながら泣くシーンがよかった。

 桐谷健太では、長い橋をママチャリで走るシーンがいい。最初にウルっときたのがここ。

 サンボマスターの近藤洋一。見終わってから、あれこの人、役者じゃないんだよな、と思った。すげぇ。

 アイちゃんの伊藤歩。この人もいい感じなのだが、なんで俺は知らないんだ、と思ってプロフィール確認したら、俺が見る映画・ドラマと全く接点がなかった。

 で、出番が少ないながらも印象的なのが、岩田さゆり。「うた魂」でタカビーの姉ちゃんやってた人ね。ライブのシーンで圧倒されてる表情なんかすごい自然。

 そのライブ。
 宮崎あおいは歌手じゃないし不安を持ってる人もいたと思うが、さすが俳優で発声は文句なし。芯のある通る声。それで音程もしっかりしてるから十分。
 ドラムもちゃんとしてるし、ベースは言うまでもないから安心して聞いていられる。
 ここまで見てきた甲斐があった、と思った。

 前半はちょっと「自分探し」っぽくて、それ自体を否定する気はないが、延々見せられるとチト居心地が悪い。
 それがライブにむけて一気に進む、ってところで俺が入れる映画だということがわかった、という感じ。

 パンフで森直人が書いている「『普通の人』がロックという表現の病に感染したときの焦燥」という言い回しは面白いと思った。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0